lala&peace

=== ゴールデンレトリバーとアフガンハウンドの毎日 ===


HOME > 2007年09月


*妹が来てくれました

author:lalamama2007/09/13 Thursday



 今日は滋賀に住む妹が来てくれました。。。
 とても嬉かったです。
 いつもことあるごとにららにいろんなものを送ってくれていた妹です。

 日帰りすると言うのを無理やり泊まっていってもらいました。
 たくさん、たくさんららのことを話しました。。。
 ららもきっとそばで聞いていたことでしょう。

dog diary|10:54 PM|comments (0)

*ありがとうございました

author:lalamama2007/09/12 Wednesday





 たくさんのメールありがとうございました。 
 あまりにもLALAの存在が大きくてまだ受け入れることができません。 
 
 お返事を書かなくてはと思うのですができません。。。。 
 ごめんなさい。 

 皆さんのお気持ち本当に嬉しく思いました。 
 落ち着きましたら改めてメールさせていただきます。

dog diary|05:52 PM|comments (0)

*らら 虹の橋へ

author:lalamama2007/09/09 Sunday

 ららが虹の橋へと旅立っていきました。
 20時12分でした。
 最後はかなり苦しみました。



 4時半ごろ吐血しました。
 お星様になる前にもかなりの量の吐血。

 大好きなpapaが仕事のため留守だったので、明日まで頑張ろうね。
 パパが帰ってくるまで頑張ろうねと、さすり続けましたが、
 あまりの苦しみ方に最後はもういいよ、もう頑張らなくていいよと言ってしまいました。

 その声が届いたのでしょうか、私の顔をジーーと見つめながら
 私の腕の中でらあちゃんは虹の橋へと旅立っていきました。

 こんなに苦しむとは・・・・。
 病院から連れて帰らないで輸血や点滴をしていただいたほうが楽だったのではと
 とても後悔しています。

 全然体が動かないのに、起き上がろうとしてきょろきょろするのです。
 きっと大好きなpapaを探していたのだと思います。
 あんなに好きで好きでpapa命!!のららだったのに・・・・・
 最後のお別れができなくてとても寂しかっただろうと思います。



 ぴーちゃんは動きません。

 らあちゃんはとてもとてもいい子でした。
 らあちゃんはとてもとても優しい子でした。
 10年間ほとんどの時間を一緒にすごしました。
 私達はいっぱいの愛と優しさをもらいました。

 ぴー-ちゃんにもいっぱいの優しさを分けてあげましたね。

 ありがとね、LALA
 PAPAとMAMAはとても幸せでした。

dog diary|11:47 PM|comments (0)

*らら、かなり悪いです

author:lalamama2007/09/09 Sunday

 ららの状態がよくありません。
 今日、明日はpapaが出張で留守なのです。
 こんなときに限って・・・・とかなり不安なlalamamaです。
 明日の夕方にならないと帰ってきませんので、何とかそれまで頑張って欲しいです。



 かなり悪いです。



 4時半ごろ吐血しました。
 かなりの量でした・・・・・・。
 LALA_MAMA一人なので少し慌てました。
 そしてとてもとても不安です。
 またまた涙が止まりません。
 情けない話ですが、ずっと泣き続けています。
 本当に情けないmamaです。

dog diary|03:40 PM|comments (0)

*抗がん剤治療終わり

author:lalamama2007/09/08 Saturday

 ここのところ少し落ち着いていたのですが、
 今日は全然起き上がれなくなりました。
 病院では担架で運んでいただきました。
 ららの様子を見るなり院長先生が呼吸が荒いね・・・と。
 すぐ検査に入り、今日はかなり待つことになりました・・・・。

 診断の結果はとてもとても厳しい状態でした。
 お腹に直径14~15c位の腫瘍ができていてそのために腸が膀胱のほうに
 かなり押し付けられていました。肺炎も起こしていました。
 そのために息をするのが苦しいらしくゴボ、ゴボとかなり大きな音がでています。

 貧血もかなりきつくて、体内の臓器から出血している可能性が大きいとのこと。
 脾臓も、肝臓もかなり腫れていて、肥満細胞腫ができているのでは?と。
 聞いているうちにどきどきしてきて、私のほうが貧血を起こしそうでした。

 このまま入院して輸血や点滴をしてもよいのですが
 その間にも亡くなる可能性があるとの説明を受けました。
 今このまま亡くなってもおかしくないくらいの厳しい状況とのことでした。

 先週から先生達と、新しい抗がん剤治療の方向へと話し合っていましたが
 このまま治療を進めても効果は望めず、また新しい治療も同じことなので
 結果治療は打ち切ることにしました。

 輸血や点滴も止めました。
 ただただ虹の橋を渡る時は私達が見守ってあげたいという気持ちから・・・・。
 それが本当によいのかどうかはわかりませんが
 どうしても連れて帰りたいと思いました。

 早くおうちに帰ろうね
 早くおうちに帰ろうねとららに話しかけました。

 先生や院長先生、スタッフの方達には本当にお世話になり
 感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。



 とても苦しそうです。
 頭も持ち上げることができなくて、うつろな目で、papaの動きを追っています。
 papaが何よりも、誰よりも、大好きなのです。
 ご飯も全然食べなくて、メロンも食べなくなったので今日はチーズを買ってきました。
 チーズは食べてくれそうなので・・・・・。

 ぴーちゃんも欲しがるので同じように食べています。
 かなり量は少なくあげていますがぴすの体重の増加が心配です。



ある程度の覚悟はできていたはずなのに涙がとまりません。


dog diary|05:34 PM|comments (0)

   Next>>

Prev12Next

 ▲PageTop

 dog diary


image


親ばか丸出しのDog Diary

賑やかだった我が家もぴすだけとなり、とても寂しくなりましたが、これからもやんちゃなアフガンハウンドぴすとの毎日を楽しみたいと思います。

古い日記をこちらへ移動中です。
日にちが飛んでいるところもございますが、少しずつアップしていきますのでよろしくお願いいたします

*一部blogの内容と重なっているものもあります。

 Profile

 Calendar


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

<< 2007年09月 >>


 Comments

 Login

ゲストモード

UserID:
PassWord:

 Admin

AdminID:
PassWord:

 Powered By

 RSS

   Designed by Loco-net.org
Copyright © lala&peace. All Rights Reserved.