lala&peace

=== ゴールデンレトリバーとアフガンハウンドの毎日 ===


HOME > lalamama > *あるアフガン犬ファミリーの物語


*あるアフガン犬ファミリーの物語

author:lalamama2011/09/02 Friday

お友達Tmaさんのblogより転記させていただきました

---------------------------------------------------------------------

私は、アフガンハウンド 7歳
この家には婿入りしてきました。
私の若い頃は、人の手で管理された綺麗なフルコートが自慢でした。
沢山の人が私を見て、触っては 「アフガン犬を飼いたい」 と言いました。

私たちは、アフガン犬が欲しい人の為に、ベビーを作りました。
沢山作りました。

でもある日、「手入れが大変だから、アフガン犬はもういらない」 と言われました。
何処にも貰い手が無くなってしまった5頭の子供達
残された子供達は成長します。
皆、ワンパクです。
沢山食べます。
大型犬ですから、みるみる大きくなります。

食器に大盛りの餌は、一番初めに父さんアフが食べ、次に母さんアフ。 
それから子供の中で一番強い子アフが食べ・・・ 
一番弱い子が最後に残った餌を食べます。
何も残らない事も良くあります。

空腹のあまり、順番を争うこともあります。
大盛りだった餌は、子供たちの成長と共に、それだけでは足りません。
弱い子は微量の食べこぼしを拾い食いしながら、何日も何か月も、何年も。。。
そんな状況下でも、新しいベビーが生まれては死んでいきます。

そして今も、ベビーが1頭母アフの側にいます。
飢えに慣れた5頭の子アフも、限界状態で生きています・・・
みんな毛玉だらけで、物凄い状態です。

人に 「これはもう犬ではない」 と言われました。

散歩にも出なくなり、ずっと家の中で過ごすようになりました。
フン尿だらけの部屋で、もう何年暮らしているだろう・・・

人はこれを、飼育放棄と言いました。

まるで、もう私たちアフガン犬家族の存在が、ここに無かったことの様に。

・・・

そんなある日、一人の女性が優しい目で私たちを見ていました。
いつか、その瞳は涙で潤んでいました。
数日後、沢山の人が来て、弱った3頭の子アフと、母さんアフとベビーアフが
連れ出されました。その時まだ抵抗する力の残っていた子アフ2頭と私は、
そのまま残されましたが、翌日、子アフ1頭も連れていかれました。

救出されたのです。

生まれた時から、このフン尿まみれの部屋が全てだったので、見知らぬ外の世界への
恐怖感で、子供達は皆、不安で不安でパニック状態です。

最後まで残された私と、若い子アフ1頭も、これから新たな生活へと移されるでしょう。
どうぞ、こんなアフガン犬ファミリーが居ることを知ってください。(予想年齢です)

父さんアフ 7歳 人に慣れていても、凛としたアフガンらしいアフガンです。
母さんアフ 8歳 貫録ある風貌ですが、誰にでも寄り添ってくれる癒し系です。
子アフメス 3歳 争いを嫌い一番痩せてしまった女の子
子アフオス 3歳 人の心を読める、神秘的な男の子
子アフオス 3歳 ビビりちゃんなのに、好奇心旺盛で、ちょっとひょうきんな男の子。
子アフメス 3歳 とても可愛い顔ですが、3歳組で一番強くて勝気な女の子
子アフオス 1.5歳 年下なのに、子アフの中で1番強く、最後まで父さんと残った子
ベビーオス 2ヶ月 母さんアフのコピーのようなベビー。元気印が付いています。

(これは、実話を元にした物語です。 そして、現在里親を募集しています)

アフガンハウンド&ワンズの里親探し Dogs New Family  へお願いいたします。

lalamama|10:51 AM|comments (1)

コメント

[sxcmtpw_4f87658ef0de194413056248a00ce009]いえいえ、心に響く物語でした・・・。
よいご縁があり、幸せな日々を過ごして欲しいと思いますね。

お父さんアフの預かり先も決まったとのこと!!
よかったですね~~

レスキューしていただかなければ消えていた命があったかもしれないことを思うと
ほんとうに皆さんのご尽力に感謝です!!

この子達が里親様のもとで、ほんとうの愛情を受け入れ、
心豊かな毎日を過ごせますように心から祈っています・・・☆

{SXCMTDELFORM}

|lalamama|EMAIL|URL|2011/09/05 11:01 AM|B607MwEI|

コメントする









削除用PW:

<<Prev   Next>>

 ▲PageTop

 dog diary


image


親ばか丸出しのDog Diary

賑やかだった我が家もぴすだけとなり、とても寂しくなりましたが、これからもやんちゃなアフガンハウンドぴすとの毎日を楽しみたいと思います。

古い日記をこちらへ移動中です。
日にちが飛んでいるところもございますが、少しずつアップしていきますのでよろしくお願いいたします

*一部blogの内容と重なっているものもあります。

 Profile

 Calendar


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    

<< 2018年02月 >>


 Comments

 Login

ゲストモード

UserID:
PassWord:

 Admin

AdminID:
PassWord:

 Powered By

 RSS

   Designed by Loco-net.org
Copyright © lala&peace. All Rights Reserved.